2019年07月11日

令和という年

こんにちわ、看護師の高木です。
5月より新元号「令和」がスタートしました。
昭和生まれの私からすると、昭和、平成、令和と3つの時代を生きていくことになり感慨深いような、年齢を感じさせるようななんとも言えない気持ちになります。

令和.png

万葉集から引用されたと知り、令和の意味を調べてみたのですが、「令」は令月という言葉からで「何を始めるにも良い月、おめでたい月」、「和」は「和やか」という言葉からきているそうです。
ですので令和とは「何を始めるにも良い、とてもめでたい、和やかなる月」という意味が込められているそうです。
「令和」という言葉の意味の通り、これから新たな道に進んだり、挑戦したりする人達にとっても大きな力になってくれるような時代になれば良いなと思っています。
私も新元号を機に何か新しいことにチャレンジしてみようかなと思います。

京都中央動物病院
文責 看護士 高木大輔
posted by 京都中央動物病院 at 13:44| Comment(0) | 日記