2018年12月21日

「わんにゃんドック」

こんにちは!近頃グッと寒くなりましたが 皆さま いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)
今回のブログは、わたしの愛犬 まさるさんについてお話しできればなあと思います(*´꒳`*)

まさるさんは 今年で10歳になり、今まで病気1つ してこなかった元気印な まさるさん。
最近 歳のせいか よくつまづくようになってきました。。。
するとある日、まさるさんは血尿を出してしまいました( ;∀;)
そこで、当院でも行っている わんにゃんドックを 獣医さんにお願いして受けさせることにしました!!!

血液検査の結果は 何もなかったものの、
・前立腺のう胞
・ストラバイト結晶
・網膜剥離
という、いくつか病気が見つかりました。。
これには飼い主のわたしもビックリ( ;∀;)!!!

よくつまづくのは、網膜剥離による左目の視力低下と、血尿の原因だった 前立腺のう胞は去勢手術をすることが一番の治療だということで…
まさるさん!いざ手術!!!!!

心配性な飼い主なので、手術中 ドキドキハラハラ…
手術後のまさるさんが、こんな感じ猟犬
木村まさる.jpeg

まさるさん よく頑張りました( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

そして、手術を乗り越え 3ヶ月ほど経ちました。
今では元気いーっぱいのまさるさん!
去勢手術のせいか 食欲は3倍に増え、食べ盛りのおじいちゃんです(*´꒳`*)
ですが、網膜剥離は完治が難しい病気なので まさるさんは これからも付き合っていかなければいけない病気です。
でも わんにゃんドックだからこそ分かった病気なので、うまく付き合っていければなあと思います(*´꒳`*)!
もしよろしければ、飼い主の皆様も 一度 わんにゃんドックを受けてみませんか(*´꒳`*)??
宣伝みたいになっちゃいましたが 、、(笑)
12月もグッと寒くなるみたいなので、皆様お体にお気をつけくださいね星2星2

京都中央動物病院
文責 看護師 木村えりの
posted by 京都中央動物病院 at 13:28| Comment(0) | 日記