2016年03月26日

4月のシフト変更です

少しずつ春らしくなってきましたねかわいい

4月の獣医師のシフト変更です。

2016年4月シフト変更.jpg

フィラリア、狂犬病のシーズンで混み合う中
ご理解とご協力をよろしくお願いします。

京都中央動物病院
posted by 京都中央動物病院 at 12:47| Comment(0) | 日記

2016年03月25日

コタツ猫

こんにちは!
また最近、寒さがぶりかえしてますね((´-ω-`))

こんな時に活躍するのが暖房器具。
うちにもコタツがあります。
そして我が家の猫はスイッチが入っていても入ってなくてもズボッと勢いよく潜り込んできます。
そしてこの表情。

image1.JPG

とてもリラックスされてます。笑
でも一度入ると熱くないのか?と思うくらいずっと入ってますよね。

たまに外に出て、フローリングでクールダウンバッド(下向き矢印)してるのもたまに見かけますが。笑
(いい気分(温泉)サウナにいるオジさんみたい…(^v^;))

と、こんな風に普通は暑くなったら出てきますが、気持ち良すぎて眠ったまま暑くなりすぎて熱中症になってしまうこともあるようです。老犬老猫、呼吸器の弱い犬種は気をつけたいですね。

かと言って気持ちよさそうにしてるのを無理やり引っ張りだすのもなぁと思いますよね。

そんな時はコタツの電源切っちゃいましょう。電源切っててもしばらくは暖かいままです。あとはマメに様子を見たり、少し隙間を空けておいて空気が出入りできるようにしておくといいかもしれません。

あと、ストーブなどに近づきすぎると犬も猫も火傷します!!ストーブなどをつけてる時はちょいちょい様子をみてあげましょう。

春までまだまだ寒さは続きますが、人も動物も注意しながら温まりましょう星2

それではみなさん、風邪などひかれないようにご自愛くださいるんるん

文責 矢嶋
posted by 京都中央動物病院 at 16:00| Comment(0) | 日記

2016年03月17日

春菊

みなさんこんにちは!看護師の三吉です。
暖かい日と寒い日が交互に来ておりますが、みなさん風邪などひいてないでしょうか?
寒い日はお布団からでるのがほんとうに億劫になっちゃいますよね
私の朝一番の仕事は自宅で飼っている猫の春菊にご飯をあげることなのですが、先日うっかり二度寝してしまい病院に遅れそうになりました。
春菊はいつも私と同じ布団で寝るのですが、二度寝のときもちゃっかり布団に入っていました。(とても温かかったです笑)

IMG_0165[1].JPG

今日はそんな春菊さんが患っている猫エイズ病について簡単にお話しします。
猫エイズとは猫固有のウイルスから猫にのみ感染するウイルスで、感染のほとんどが猫どうしのケンカ(咬傷)から感染するそうです。
なので、外で飼われている、または野良猫ちゃん(特に♂猫)に多い感染症のひとつです。
このウイルスは一度でも感染すると猫ちゃんの体からなくなることはまずないといわれています。
そして感染の末期には痩せ、口内炎、貧血、悪性腫瘍、免疫機能の低下によるさまざまな感染症により、死に至るといわれています。
特効薬もなく、一度発症すればじりじりと体力は奪われやがては命を落とす、恐ろしい病気です
しかし、何も感染してすぐにそんな悲しいことになるわけではないのです。
猫エイズの特徴の 一つに、ながーい無症状期というものがあります。
この無症状期の猫ちゃんは他の健常な猫とまったく変わらないほど元気に走り回り、ご飯を食べ、よく寝ます。
そしてこの無症状期とは数年にわたって続き、猫ちゃんがその猫生(?)を終えるまで何の症状も出さない場合すらあるそうです。
ただし、感染していることにはかわらないので無症状期であっても他の猫に感染を広げてしまう恐れはあります。
春菊を飼うにあたって私もたくさん考えました。
今はいい、健康で、若く(多分)体力もあるし、エイズだって寿命を迎えるまで出ないかもしれない。
でももし、若いうちに発症したら・・・
色々考えましたが、最終的には私に拾われてよかったと春菊に思ってもらえるよう最善を尽くす。という考えに落ち着きました。
どうなるかわからないことにクヨクヨするよりか、今私ができることを全力でしたいと思います。
そして、今私にできることは少しでもストレスフリーな環境で春菊を愛してあげることです!!

京都中央動物病院
文責 看護師 三吉万智子
posted by 京都中央動物病院 at 13:40| Comment(0) | 日記